プロが認めるビューラーのおすすめが安いし、本当に使いやすいのはなぜか?

まつ毛をカールするのは面倒!と思っているあなたは、ひょっとするとまつ毛のカールが上手にできないからではないでしょうか?上手にまつ毛がカール出来ない原因は、慣れていないと言うこともあるかもしれませんが、使いやすいビューラーを持っていないから?と言うことかもしれません。

今回はプロが使っているおすすめのビューラーについてお話をしていきます。

通常のビューラーをおすすめしない本当の理由

ビューラーというと恐らくこういうモノをイメージされているかもしれません。

出典:https://odecomart.com/blog/top-picks-of-curler/

形がハサミ状でまつ毛を挟んでカールするタイプ。ほとんどの方がコチラのタイプをお持ちかと思います。

しかし、このビューラー、実は誰のまつ毛(まぶた)にも合うモノではないんです!

目の大きさや、まぶたの形、まつ毛の毛量などは様々です。欧米や北欧モデルとアジア系モデルではビューラーの形状も違います。国や化粧品メーカーにより、大きさやカーブ具合が違うのも、人それぞれ顔の骨格が異なることが理由です。

 

ですので、誰かが良いよと教えてくれたビューラーでも、あなたに合うとは限らないわけです。

でも、実は誰にでも合うビューラーはあります…。

プロが使うおすすめのビューラーはPREOプレオ カールアップビューラー

僕が使い勝手が良く使用しているビューラーは、上で紹介したハサミ状のものではなく、部分的に挟むタイプ。同じ挟むタイプでも、挟む部分が1cmほどのもので、形状は毛抜きに似ています。これが優れものなんです。

PREOプレオ カールアップ ポイントアップ ビューラ

もともと目尻用に開発された部分ビューラー。このビューラーはまつ毛の根元からカール出来るから驚きの使いやすさです。

全体を一度に上げるビューラーとは異なり、力を入れずに思う通り細部までカールが出来ます。

使用方法はコチラの動画で解説をしています。1分20秒あたりからです。

ビューラーでまつ毛を上げすぎた場合の対処法

ビューラーでまつ毛を上げすぎてしまったことってあるかと思います。そんな時は、綿棒を軽く水で湿らせカールしすぎたり折れた部分を、軽くまつ毛に添ってこすって取ってあげましょう(ねぐせ直しの用に)

あとは乾いたらもう一度 慌てず集中してビューラーを使いましょう。

PREOプレオ カールアップビューラーは市販しているものですが、まつ毛を挟むゴム(シリコン)部分が肌(まつ毛)に合わない時は、他の化粧品メーカーのビューラー用の替えゴム(シリコン)と交換してもいいです。その際は、カッターやハサミを使ってこのビューラーに合う長さにカットしてはめ込むだけで大丈夫です。

ナチュラルなまつ毛カールで目元を美しいくしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。