ナチュラルメイクのやり方で初心者が気を付けるべきポイントとは?

ナチュラルメイクを修得するためには、ある程度の経験が必要になってきます。

そして、ナチュラルメイクに限らず、メイクをしていまいちキレイにならないなと言う方には、根本的な考え方が欠けていたりするんですよね。

今回はその根本的な考え方についてお話をしていきます。

ナチュラルメイクをする上で初心者に必要な考え方

ナチュラルメイクに限らずメイクをするにあたって、女性の思いはこのようなものだと思います。

「芸能人の〇〇さんのようにキレイなりたい。」

ほとんどの女性は、キレイのゴールは何となくわかっているのですが、スタート地点がわかっていなかったりします。つまり、自分の今の状態を理解していないわけです。

ナチュラルメイクに限らず、メイクをしてもいまいちな方の多くは、自分の顔をしっかりと見ていないことが原因です。

 

多くのメイク初心者の方に共通するのは、自分の顔を客観的に見ていないと言うことです。大切なことは自分の顔を客観的に見ることです。

 

写真では表情の変化まではわからないので、スマホの動画撮影機能を使い、自分を撮影してみましょう。友達と話しをしている感じで自然に普通の顔で、前方向から 斜め方向から 横方向から撮影して見る。そうすると写真や鏡ではわからなかった自分の色々なことに気づくはずです。

芸能人やモデルがどんどんキレイになる理由とは?

芸能人やモデルがどんどんキレイになるのは、いつもテレビや映画などの映像で客観的に自分を見ているから本当の自分を知っているのです。

本当にキレイになりたいのであれば、マネをしてみましょう。今ではスマホひとつで撮影ができます。

ナチュラルメイクの具体的なやり方

よく派手にみられると言う方がいらっしゃいます。

派手さを決定するのは目鼻立ちにも多少関係するのですが、一番のポイントが実は眉だったりします。

眉を濃く描きすぎると、それだけで強くきつい印象になってしまいます。

眉毛の上向きの毛と下向きの毛が重なっている部分、ちょうど眉山辺りは濃く描かないようにしましょう。

眉毛の重なっている部分を少しずつカットし、様子を見ながら濃さをやわらげていくとやさしい印象になります。

 

逆になぜか地味に見られてしまう方もいらっしゃいます。

地味に見られるのには原因があります。たとえば感情表現が苦手な人やあまり笑わない人など、メイク以外の部分でも関係があります。

メイクで考えると肌色の影響も関係しています。肌色は明るく落ち着いた感じにすると、くすんだ印象もなくなります。

 

目元をナチュラルメイク仕上げで考えているならば、細いラインでまつ毛の際を埋めるように描いていきましょう。

眉はきちんとトリミングして眉ラインを意識して描くと、メリハリのある顔になります。

色合いは自分の雰囲気が大人っぽいのか、若々しいか客観的に見て選部必要があります。

ここでも自分をしっかりと見ることが大切になってくるわけです。

まとめ

人によって与えられた骨格は異なります。

僕は人工的に整形手術などでキレイになることに関しては個人の自由だと感じていますが、その前に、自分の客観的な見え方を意識することで出来ることも多くあるのでは?と考えています。

 

自分になげやりになったり、他人と比べて悲観的になっていると、あなたの魅力は半減してしまいます。

自分の持ち味を活かしたメイク、本当のナチュラルメイクを身につけてみてください。

関連記事

  1. 【NG注意!】入園・入学式のママメイク のやり方、上品で好印象な第一印…

  2. ナチュラルメイクで必要なアイラインの引き方やにじまない・落ちないが解決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。